ロゴ

解体工事を行なう前にやっておきたいこと~業者の選定はしっかりと~

解体工事は専門業者へ

解体工事は専門業者に依頼することが基本です。専門業者は物件ごとに合わせた解体知識を持ち合わせています。解体といっても、業者によって様々な方法があるので、まずは相談をしてみましょう。

解体工事を依頼するときの流れ

どのような物件を依頼するのか

初めに解体を行いたい物件の概要、立地条件、解体希望時期、家財品の有無などを業者に伝えましょう。出来る限り明確にして伝えておけば、その後の流れがスムーズになります。そして、不明点は理解できるまで、しっかり聞いておくことが重要です。

解体する前に必ず現場視察が行われる

解体を行うまでに必ず現場視察を行います。その際、業者が単独で行うことも場合や、同席して、業者と一緒に視察する場合があります。現場視察は物件によりけりですが、一般的な木造住宅であれば30分程度で視察は終わるでしょう。

見積もりは口頭では無く、正式な見積もりを

現場視察が終了して、後日、金額が伝えられます。その際、口頭での金額提示で了承するのでは無く、必ず見積書をもらいましょう。解体後に高額請求されるなどのトラブルを避けるために、見積書をもらっておくことが安心です。

着工が決まってからやること

解体日が決まった後は、ご近所さんに解体日を伝えておきましょう。業者が同行してもらえるようであれば、一緒に同行してもらい、ご近所さんに挨拶するのがおすすめです。ご近所さんも業者が一緒であれば、安心します。また、ガスや水道などは事前に解約をしておくことも忘れずに行っておきましょう。

[PR]兵庫で解体の手続き
電話一本で駆け付けてくれる

空き家の解体とスクラップの買取は専門業者に依頼しよう

解体工事

空き家は解体工事しよう

空き家は解体工事を出来る限り、早急に行うことを検討しましょう。空き家を放置しておくことによって、倒壊してしまう恐れが高くなります。また、木造家屋の場合は、鉄筋コンクリートなどと比べても、湿気によって、急速に劣化して倒壊する場合があります。仮に倒壊してしまった際は、近隣住民の方に迷惑がかかるだけでなく、大事故に繋がってしまうかもしれません。最近では、利用予定がない空き家を解体する人が日本中で増えています。

解体工事業者は選ぶべき

解体工事業者を選ぶ際は、比較サイトなどを使用して複数の見積もりを提示してもらいましょう。業者によっては、慣れない人に対して、高額な見積提示を行う悪徳業者もいます。必ず複数の業者から選択しましょう。また、価格だけでなく、実績豊かな業者を選ぶことも、スムーズに工事が進められるポイントの一つです。自身が行いたい、解体工事と類似した案件を行った実績を持つ業者であれば、安全に業務を進められる可能性も高いと言えるでしょう。

解体後の処理も重要

業者に解体工事を依頼する際は、解体後のアフタフォローもしっかり行ってもらえるかをチェックしておきましょう。解体工事後にごみくずやコンクリート廃材を持ち帰ってもらえる業者であれば、自身で処理する手間も減ります。また、解体工事が終了してから、1カ月以内に建物滅失登記を提出することを忘れてはいけません。建物滅失登記を提出していないと、最悪の場合、金融機関から融資を受けられなくなったりする恐れがあります。必ず忘れず行いましょう。

不要なものはスクラップ買取

解体工事後の鉄くずや銅線などのゴミは、買取を依頼しましょう。たとえば、兵庫にあるスクラップ買取業者であれば、鉄くずだけでなく、家電製品なども対応してくれるので、非常に便利です。

広告募集中