解体工事は安全を考慮するなら業者依頼が最適
ロゴ

個人での解体工事は手間がかかる~解体工事は業者に依頼しよう~

解体工事はセルフでも可能

解体工事を行う際は自身で行う事も可能です。ですが、工事前申請やライフライン停止申請など、様々な申請を行わなければなりません。セルフで行う場合は、申請することなどを調べてから、着工する必要があり、労力も掛かります。

解体工事をセルフで行うか?業者に依頼するか?

事故無く、安全性に行うには

解体工事は危険も伴います。セルフで行う際は、怪我をしないように注意をしましょう。自身に知識が無い、規模の大きな解体工事などであれば、業者に依頼する方が得策です。

コストパフォーマンスで比べると

セルフで解体工事を行う場合は、当然コストが安くつきます。ですが、慣れていない人が解体工事を行うと、非常に時間がかかります。業者に依頼すれば、自身で行うよりもスムーズに進むでしょう。

解体工事は安全を考慮するなら業者依頼が最適

木くず

解体工事の必要性

解体工事を行わずに空き家などを放置していると、倒壊する恐れがあります。仮に倒壊してしまった場合は、自身だけでなく、近隣住民の方にも迷惑がかかります。倒壊した際に事故などが起きない為にも、解体工事を行うことは重要です。また、古い空き家などには、アスベストなどが使用されている恐れがあります。建物が建っているだけで、有害物質を発しているかもしれません。自身の為だけでなく、近隣住民の事も考えると解体工事は非常に重要です。

解体工事に必要な資格と許認可

解体工事を事業として行っている業者は、各都道府県に建設業許可申請を提出しています。もし、自身が業者に依頼する際に許可を取っていない業者だとわかれば、依頼することを辞めておきましょう。また、解体工事の業務を行うにあたって、クレーン運転士、玉掛け技能士、足場の組み立て等作業主任者、石綿作業主任者など様々な資格等が必要不可欠です。このような資格を持っていない業者は、解体業務を行うことは非常に困難であると言えます。

様々な解体工法の種類

解体工事と言っても、解体を行うにあたって、様々な解体工法があることを知っておきましょう。鉄筋コンクリートを解体する場合、木造建築の建物を解体する場合など、建物の性質によって解体工法が異なります。たとえば、鉄筋コンクリートを解体する際は、油圧圧砕、油圧ブレーカなどがあります。油圧圧砕とは、油圧で動く圧迫機を重機に装着して、解体部材を圧縮、破壊する方法です。そして、油圧ブレーカは、油圧ブレーカを重機に装着して、解体する方法となります。

建設リサイクル法と解体工事の関連性

解体工事と建築リサイクル法は、非常に密接した関係性を持っています。建設リサイクル法とは、解体を行った際に排出された、資材廃棄物を再利用促進するために平成12年に公布されました。解体を行うにあたって、建築リサイクル法を守っていなかった、知らなかったなどは通用しません。解体工事を受注した業者は、解体工事後に建築リサイクル法の対象資源を再資源化することが義務づけられています。建築リサイクル法は資源を再利用することで、環境にも優しく、未来を考えている、守るべき法律です。

知識を知っておくことで有利に

アスベストの存在を知っておくことは非常に重要です。事前にアスベストが使用されている建物を解体する事を業者に伝えておけば、追加料金などが発生する可能性が減ります。逆に伝えていなければ、高額な追加料金が取られる場合があります。

広告募集中