重機を利用する解体工事は様々な法律が関係してくる
ロゴ

解体工事と法律の関係~安全を考慮した規則がある~

工事に関する法律とガイドライン

解体工事に関する法律は、アスベスト対策に関する法律、建築リサイクル法などがあります。また、地域ごとのガイドラインなどもあり、解体工事を行う際は、それら全てを守らなければいけません。

労働安全衛生法と労働安全規則を徹底解説

職場環境を守るためには、労働安全衛生法

労働安全衛生法とは職場で働く人の安全、健康を守り、快適な環境を提供するために生まれた法律です。解体工事では、大型重機などを扱い解体を行うため、危険が伴います。それゆえ、必ず遵守しなければいけない法律です。

労働安全衛生法に基づき、労働安全規則がある

労働安全規則は労働安全衛生法に基づいた規則です。安全な労働環境で働くための基準を厚生労働省が定めたものが労働安全規則と覚えておきましょう。しっかり守っていない業者は非常に危険な業者と言えます。

重機を利用する解体工事は様々な法律が関係してくる

解体工事

近隣住民への挨拶は着工前に!

解体工事が始まる前には、必ず近隣住民の方に挨拶をしましょう。解体工事中は、大きな音が鳴ります。仮に何も知らせていない場合は、近隣住民の方も不安になるでしょう。解体工事を業者に依頼する場合は、業者にも一緒に挨拶にしてもらうことをお願いしましょう。業者から挨拶されることによって、近隣住民の不安を払しょくする事にも繋がります。

解体見積もりは詳細まで確認する

見積書をもらった際は、値段だけをチェックして承諾するのではなく、細部までしっかり見ておきましょう。専門用語などが記載されていて、わからない場合は業者に尋ねて、疑問点を無くすことが重要です。また、見積書をもらった際に、解体工事終了後に追加料金などが発生しないかを尋ねておけば、金銭面でのトラブルを避ける事にも繋がります。

マニフェスト伝票は必ず受け取ろう

マニフェスト伝票とは、解体工事によって出た産業廃棄物などを、他の業者に委託する場合に必ず発生する伝票です。依頼主も必ず受け取りましょう。もし、業者から提出が無い場合は、必ずもらえるように催促しなければいけません。もらえない場合は不正に産業廃棄物が処理されている恐れがあります。不正な処理は、依頼主までも罰則対象となってしまうのです。

工事にかかる時間はあらかじめ聞く

解体工事にかかる時間をあらかじめ聞いておきましょう。案件によって、工事の時間は異なりますが、あらかじめ時間を聞いておくことによって、近隣住民の方とのトラブルも避けられます。解体には必ず、大きな音が鳴ります。事前に近隣住民にも伝えておくことで、解体時間に関して要望などが生まれるかもしれません。スムーズに工事を進める為には非常に重要な事です。

分からない部分は業者に即相談!

解体工事を行うにあたって、疑問が出た際は早急に相談しましょう。小さな疑問が、後のトラブルになってしまうかもしれません。また、疑問点に対して、誠意を持った対応をしてくれる業者は優良だとも言えます。

広告募集中